ポルシェ PDK トランスミッション

query_builder 2020/10/09
ブログ
file

997後期から採用されているPDKオートマチックトランスミッション。10万キロを超えたボクスターでシフトを動かしても前後とも反応しなくなったトラブル実例のお話です。クラッチ板は摩耗してフライホイールは中の液状のものが漏れ中の一部レバーが破損していました。当然ミッションassy交換に加えてマニュアルミッションの様なクラッチ、ディスクの交換も必要になります。そこで中古のミッションを探してクラッチとディスクは海外から取り寄せてなるだけ費用を掛けずに修理しました。それまでのティプトロニックミッションは初期のマイナートラブル、経年劣化を省けば人為的ミス(オイルの選定や量、漏れの見過ごし)が無い限り壊れることはありません。

NEW

  • 空冷ポルシェのオーバーホール

    query_builder 2021/01/22
  • ポルシェ964、993、996GT3用ワンオフフライホイール

    query_builder 2021/01/13
  • 空冷エンジンのオーバーホール

    query_builder 2021/01/13
  • HIDの弊害

    query_builder 2020/11/05
  • ポルシェ964カブリオレのスピーカー交換

    query_builder 2020/10/20

CATEGORY

ARCHIVE